読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oracleデータベースの起動について

Oracleデータベースの起動について

停止しているOracleデータベースを起動する。

Oracleデータベースの状態には以下の3つの状態が存在する。

ステータス説明
NOMOUNT パラメータファイルが参照され、メモリ確保やプロセスが開始され、インスタンスが起動した状態。
MOUNT パラメータファイルで指定されたコントロールファイルがオープンした状態。コントロールファイル以外のデータファイルはマウントおよびオープンしない。
OPEN コントロールファイルの情報から、データファイルやログファイルがオープンされた状態。通常の稼働状態で、ユーザがデータベースを利用できる状態。

sqlplusからsysdba権限でデータベースに接続。

$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 土 11月 2 19:19:58 2013

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.

アイドル・インスタンスに接続しました。

 "nomount"で起動する。

SQL> startup nomount

ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area  839282688 bytes

Fixed Size                  2217992 bytes

Variable Size             557844472 bytes

Database Buffers          276824064 bytes

Redo Buffers                2396160 bytes

SQL> select host_name, instance_name, status from v$instance;

 

HOST_NAME                 INSTA STATUS

------------------------- ----- ----------

oracle-sv01.localdomain   orcl  STARTED

"mount"状態に変更する。

 SQL> alter database mount;

データベースが変更されました。

SQL> select host_name, instance_name, status from v$instance;

HOST_NAME                 INSTA STATUS

------------------------- ----- ----------

oracle-sv01.localdomain   orcl  MOUNTED

"open"状態に変更する。

 SQL> alter database open;

データベースが変更されました。

SQL> select host_name, instance_name, status from v$instance;

HOST_NAME                 INSTA STATUS

------------------------- ----- ----------

oracle-sv01.localdomain   orcl  OPEN